いい寝方ってどんな姿勢のことをいうの?

いい寝方ってどんな姿勢のことをいうの?

いい寝方ってどんな姿勢のことをいうの?

 

寝方が悪かったのか体のあちこちが痛い、ということにならないように、いい寝方ってあるのでしょうか?

 

寝方にもいろいろと種類があります。

 

仰向けに寝るのがいい寝方だと一般的に言われていますが、仰向けに寝ても、うつ伏せに寝ても、横向きで寝ても長所や短所はあるので、楽な姿勢で寝ることが一番いい寝方になります。

 

しかし、体に合っていない枕やマットレスなどを使っていると、体に負担が掛かってしまうので気を付けなくてはいけません。
寝方もありますが、寝方以上に大切なことがあります。

 

それは、睡眠中に寝返りをうつ・寝返りをうたないということです。

 

人間は睡眠中に20〜30回ほど寝返りをうつといわれています。
もし寝返りをうたなかったら、体重がかかっている部位の血液の流れが悪くなり大きな負担が掛かってしまいます。

 

よく、ベッドや布団に入ってから朝起きるまで、全く動かないで寝ている人もいますが、
血液の循環をよくするためにも、寝返りをうつことはとても大切なことなのです。

 

反対に、寝がえりをうつ回数が多すぎる方は睡眠が浅い可能性もあります。

 

ぐっすり眠れるようにグリシンサプリを活用してみてください。
又は、医師に睡眠の相談をしてみてください。

 

↓↓安眠サプリならグリシンサプリおすすめへ!

 

⇒安眠対策はグリシンサプリおすすめへどうぞ

ホーム RSS購読